生命保険の歴史

体温を測る男性 縦

日本で初めて生命保険会社が設立したのは明治時代に入ってからです。
その後、保険に関する法律が定められ、大正に入ってから所得税の生命保険料控除制度がスタートしたことから保険の認知度が広まり、加入者も増えていきました。
昭和に入ってからは第二次世界大戦や敗戦後の経済復興期、バブル期など時代の変化に伴い、保険の種類や内容も様々に変化しています。
例えば、当初は死亡保障や貯蓄性を重視していた保険内容が、医療費の増加とともに病気の際の入院費が組み込まれたものなどに変化していますし、外資系の保険会社が参入したことで、死亡原因の第1位である「がん」に特化したがん保険なども誕生しています。
現在は死亡時の保障よりも医療保障に重視した商品も増えています。
どの保険を選べばいいか分からない場合は、相談窓口などを利用すると便利でしょう。

保険サービスとは

近年は急速にインターネットが普及したため、通販型の保険会社ができたり、各社の保険をネットで一括で見積もりが出来るようになりました。
また、他業種からの参入も増えてきたため今後も様々な保険が増えていくと予想されます。
保険には生命保険や火災保険など数多くの種類があり、時として自分に合っていない保険に加入している場合や、保険料が家計を圧迫してしまっているような人も少なくありません。
そのような人のために現在ファイナンシャルプランナーなどの専門家による無料相談窓口が増えています。
無料相談では現在加入している保険が適切か判断してくれたり、ライフプランに基づいた新規の加入や見直しのアドバイスをしてくれるので、今後もますます増加していくサービスと予測されます。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031