日本製のオリジナルTシャツは質がいい

自身で考えたデザインをTシャツにして着てみたいと思うことはあります。
そんな時に頼るのがオリジナルTシャツの制作サービスです。

制作は店舗だけで無くネット上からも依頼することが可能で、
国内の業者だけでなく海外の業者も依頼を受け付けています。

正直なところ、オリジナルTシャツの制作は、国内の業者に任せた方が良いです。
その理由は日本製の方が仕上がりがとても丁寧だからです。

海外の業者のように、ただTシャツにプリントしただけで無く、
日本製の場合はその他に加工が施されています。

雨水でデザインが崩れることはなく、長期間Tシャツを着たとしても
デザインが剥がれてしまうことはありません。

日本製の場合、多少費用はかかりますが、それだけ長期間着ることができます。
もちろん海外製のTシャツがすべて悪いわけではありませんが、
日本製の方が圧倒的に仕上がりは良いです。

なのでこれから依頼を考えているなら国内の企業に
オリジナルTシャツの制作を依頼すると良いでしょう。

作ったオリジナルTシャツの賢い売り方

オリジナルTシャツは、制作会社に発注をすれば、入稿したデザインデータの通りに
綺麗に制作をしてくれます。

制作したオリジナルTシャツは、何らかのルートを通じて販売していきたいものです。
売り方としては、フリーマーケットに出品したり、実店舗を開店して売っていったり、
オンラインショップで販売したりという方法があります。

特に効率的で賢い売り方は、オンラインショップを開店する事です。
実店舗と違って、テナントに入る必要が無く、Webサイトさえあれば、
いつでもショップ経営を行っていく事が可能です。

逐一、新製品を公開していく事が出来ますので、オリジナルTシャツを
販売する人にとっては商品管理がしやすいという利点があります。

オンラインショップで気をつけるべき事は、商品の一覧ページから
商品の詳細ページへスムーズに移動出来るようになっている事、
検索エンジンの検索結果ページの上位に表示されやすいように、
SEO対策を行なっておく事です。

オリジナルTシャツをプリントするにあたって

Tシャツは一般的に肌着として扱われるだけでなく、夏場において
上着として着こなすものとされています。

種類も豊富で、色とデザインの組み合わせだけでも数百にもおよび、
着る人の個性を引き出してくれます。

最近は、オリジナリティを重視したファッションスタイルが確立化されており、
オリジナルTシャツを専門の業者に依頼するケースが見受けられています。

このスタイルは、個人がオンリーワンの存在として注目されるだけでなく、
学生向けのユニフォームやキャンペーン用の衣類など、多人数が
同じTシャツを身につけるパターンが見られる程です。

オリジナルTシャツの発注については、プリントされるデザインや色を
決めるところから始まります。

デザインには、規格に合わせたソフトにデータ化を行う必要があり、
おおよその完成図が描かれたらプリントの工程に入っていきます。

プリントの際には、記事の縫い目から1.5cm離れた場所で
おこなうことが勧められています。

オリジナルTシャツにあった洗濯方法

オリジナルTシャツを作った後に気になるのが、洗濯の仕方です。
せっかくお気に入りのオリジナルTシャツを作っても、
洗い方を誤ると台無しになるおそれもあります。

そうならないためには、以下の点をふまえて洗いましょう。
まず、表示の確認。タグの裏には、洗い方について表示があります。

「弱40」とあれば、「40度以下の水もしくはぬるま湯で洗う」という意味です。「エンソサラシ×」とあれば、「塩素系漂白剤を使ってはいけない」
という意味です。
「アイロン中」とあれば、「中くらいの温度(140~160度)で
アイロンをかける」という意味です。

次に、洗い方。裏返してから、ネットに入れて洗うのが基本です。
そうすることで、プリントした箇所へのダメージを軽減することができます。
水流は弱めで。

やってはいけないのは、乾燥機にかけること。
また、洗ってから長く放っておくのもいけません。
プリントした箇所同士がくっつき、剥がれてしまうことがあります。

オリジナルTシャツのデザインを作るポイント

一般的なTシャツでは、前身頃の中心部分に
絵柄が入っているというものも多いですが、
オリジナルTシャツでは用途に応じて
効果的な場所に絵柄を入れてデザインするといいでしょう。

上にジャージなどの羽織りものを着ることもあるシーンで
利用される場合には、上着でせっかく入れた絵柄が隠れてしまいます。

そんな時には、前中心の襟ぐり部分に入れても上着から
ちらっと見せることができます。

また、腕をあげるシーンが多いスポーツであれば
脇がよく見えるものであり、前後に入れるよりも脇線部分に
絵柄を持っていくのもデザインのポイントになります。

絵柄の幅が広ければ、前から見ても後ろ姿でも見せることができます。

このように、オリジナルTシャツでは既製品では
入れることがめったにないような部分に絵柄を入れることもできます。

オリジナルTシャツを作ってもらえる業者には
専門の知識を持ったデザイナーが在籍していることも多く、
用途を伝えてどの部分にどのように入れるのが効果的かを
相談してみるのもいいでしょう。

全面印刷のオリジナルTシャツの取り扱い

最近、技術の進歩によりお店に頼んだり個人でも
オリジナルTシャツを簡単に作れるようになりました。

アニメのキャラだったりデザインしたものを
Tシャツにプリントするという形で様々なものをみかけます。

中には全面印刷のものもありますがその際に
注意しておかないといけないことがあります。

それは、Tシャツの素材やインクによっては
インクを熱で気化するプリント方法の場合、
アイロン等で加熱すると再気化する場合があったり
長時間紫外線に当て続けると退色する場合があることです。

また表と裏でつながるようなデザインの場合
正確な位置でぴったりと合うことが難しいのと
縫い目などにはプリントできないため
どうしてもプリントされない部分が出てしまうということです。

また 思ったような色が出ないときもありますし
色落ちにも注意しないといけません。

いざオリジナルTシャツを作っても
予想していたものと違う場合があるのも注意しないといけません。

これらを踏まえて素敵なオリジナルTシャツを
作ってもらえればいいと思います。